溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

慢性頭痛に悩まされていませんか?

頭痛にはいくつかの種類・原因があります。

今日は最も多くの方の原因である「緊張性型頭痛」についてご紹介します。

緊張性型頭痛とは?

無理な姿勢や過度な緊張、ストレスなどが重なって引き起こされる緊張性頭痛。

この症状に悩まされている方は数多くいます。

緊張性頭痛は頭の周りを何かで締め付けられているような鈍い痛みが30分~数日続きます。

肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさを伴うこともあります。子供から高齢者まで幅広い年齢層にみられ、

時々頭痛がするタイプ(反復性緊張型頭痛)と毎日のように頭痛が続くタイプ(慢性緊張性頭痛)があります。

1.誘因

緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスとがいくつも重なることによって起こると考えられています。

身体的ストレスとは、たとえば上半身を前かがみにしたパソコン操作や、うつむき姿勢、車の運転、就寝時の合わない枕など、不自然な姿勢を長い間続けることや、身体の冷えなどがこれに当たります。 この状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し凝った状態になり、頭痛を誘発します。また運動不足も頭痛を招きます。

家庭内でのトラブルや仕事が上手くいかないなどの精神的ストレスも、神経や筋肉の緊張を高め、頭痛の誘因となります。

2.仕組み

緊張性頭痛は、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張することで起こるといわれています。

筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流がわるくなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物が溜まります。それらが周囲の神経を刺激し、締め付けられるような痛みを引き起こすのです。 また精神的ストレスは、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすことがあります。神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまうのです。

3.治療法

ときどき頭痛がおこる「反復性緊張型頭痛」は、鎮痛剤によって痛みが軽減することがありますが、過度の薬の摂取は副作用を引き起こす可能性があります。なるべく薬には頼らずに、適度に身体を動かして筋肉をほぐしたり、マッサージや入浴によって血行を促すようにしましょう。

一方、痛みが毎日のように続く「慢性型緊張型頭痛」は、鎮痛剤を使用してもあまり効果は得られません。精神的ストレスが誘因になっている場合には「うつ」を発症してしまう可能性も低くありません。日頃から筋肉が過度に緊張しないように、自分にあったリラックス方法を見つけ習慣化することが大切です。

4.予防法

緊張型頭痛を予防するためには、心身のストレスを上手に解消することが大切です。 日頃から適度な運動を心がけ、同じ姿勢を続けないように心がけましょう。仕事や勉強で長時間机に座りっぱなしが多い人は、こまめに休憩をとって気分転換をはかり、ときどき背筋を伸ばすなどをして筋肉をほぐすように努めましょう。 悪い姿勢を続けるとその姿勢を身体か記憶してしまいます。まずはしっかりと正しい姿勢をつくることも大切です。1日の締めくくりにゆっくりとお風呂に使ったり、肩首をマッサージすることも効果的です。軽い運動を習慣化し、ゆったりとのんびりした時間を持つことがなにより有効です。

 

筋肉が緊張を続けると身体が楽なほうへと変形させていきます。よって強いハリやこりを発症し、頭痛へとつながります。まずは筋肉を使わないような骨格、姿勢を保つことが重要です。

ここjsメディカル整体院ではそれぞれの骨格にあった施術を患者様と一緒に作っていきます。

頭痛に悩まされているそこのあなた!ぜひ一度ご来院ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

明日11日(金)の予約状況

明日11日は祝日の為、混雑が予想されます。

一度当院へお電話いただき予約状況の確認をお願いいたします。

J’Sメディカル整体院 溝の口院

TEL  044-322-9765

Mail js_medical_mz81@outlook.com

住所 〒213-0001 

神奈川県川崎市高津区溝口2-16-10プロスペールイシカワ602

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP