溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

腰椎椎間板ヘルニアは腰痛の原因の1つです。

骨と骨の間にある椎間板が本来の位置から飛び出すことで神経を圧迫することで腰痛が起こります。

椎間板は背骨を構成する26個ある脊椎の間のクッションのような役割を担っています。

クッションの働きをするのは椎間板の中の髄核というゼラチンのような弾力性のある部分ですが、

年齢を重ねるごとにクッション性が弱まり、背骨に加わる力に耐えられなくなります。

そして髄核が損傷し、骨と骨の間から飛び出すことで神経を圧迫し、腰椎椎間板ヘルニアとなります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因には、

腰椎椎間板や骨の老化

無理な動作での負担

姿勢の悪さによる負担

があげられます。

 

また腰椎椎間板ヘルニアになると、初めは腰痛が起こりますが、

悪化すると次第に下股や足先にまで痛みやしびれが広がっていきます。

また、力が入らなくなる

腰が曲げられない、座れない

せきやくしゃみでも激痛が走る

坐骨神経が圧迫され、坐骨神経痛が起こる

排尿障害などの症状が出る場合もあります。

 

治療には鎮痛剤や神経再生薬を飲んだり、手術をしたり、レーザー治療をしたりする方法があります。

上記以外にも筋肉の緊張をゆるませ、骨盤や姿勢の歪みを整えることで背骨が正しい位置に戻り、

改善する場合もありますので当院にお越しいただくのも選択肢のひとつです。

 

明日の予約状況

明日26日(火)は16時からご案内可能となっております。

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP