溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

約30㎝!

みなさんこれが何の数字かわかりますか?

これは生まれてくる赤ちゃんの頭の大きさです。 それが骨盤をくぐり抜けてくるのですから、出産は大変です。

骨盤が思いっきり開いてしまいます。ちなみに出産以外では、骨盤は開くことはありません。

妊娠から出産にかけて、女性の体は骨盤を支える靭帯がゆるくなります。

そのため、骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは産んでからです。

産後こそ絶好のチャンスです。

出産で嬉しいことは赤ちゃんの誕生と骨盤のリセットが出来ること。

出産のときには骨盤が思いっきり開きます。 (出産後、骨盤付近に力が入らないのは、開いた骨盤が閉じきっていないため)

ですから、産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産でリセットされています。 つまり、出産後は骨盤をただす絶好のチャンスなのです。

出産後、骨盤がゆがんでいるときに出る症状です。

チェックしてみてくださいね。

  • 1カ月以上たっても骨盤付近に力が入らない。
  • 腰が痛い。
  • 恥骨付近が痛い。
  • お尻が痛い。
  • 股関節が痛い。またはツル感じがする。
  • 20分以上たっていられない。
  • 足に力が入らない。
  • お腹に力が入らない。

育児のために出産時の疲労を取っておくことが、とても重要

また出産は、初産ならば12時間から15時間ぐらいかかります。 生まれる寸前の陣痛ともなると、まるでビックウェーブのように強烈な痛みが何回か押し寄せます。この痛さといってら、脂汗が滴るほどです。こんな状態で出産をしますので、体力はかなり消耗します。

そのため、出産後は骨盤などの矯正と共に 出産時の疲労を取るのも必要になります。もし疲労を取らずに無理して育児に入りますと、慢性的な腰痛や骨盤痛、また自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れで、若年性更年期、自律神経失調症、産後うつ等になってしまうのです。

当院では産後の骨盤矯正もおこなっています。気になる方はぜひ当院へ!!

明日の予約状況

明日は10時半~ご案内が可能です。ご予約お待ちしております。

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP