溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

みなさん、ぎっくり腰って知ってますか?

聞いたことはあるけどなんとなく腰が痛くなるアレでしょ?と思ってる方も多いと思います。

ぎっくり腰とはそもそも何なのか?

一般的には、読んで字のごとく、不意に「ギクッ」と音がしたかのように腰に痛みが走り、動けなくなってしまうものを指します。
昔西洋では『突然痛みで動けなくなる』ので、魔女の一撃とも言われていたそうです。しかし、医療機関では実際はぎっくり腰と言う名称はありません。
主に急性腰痛の事を指します。つまり
ぎっくり腰=急性腰痛=急に腰が痛い
状態です。

ぎっくり腰になる原因には主に2つあります

  1. 筋肉に持続的に負担が掛かる
  2. 急激な負荷が腰に掛かる

です。以下、例をいくつかあげます。

・重い荷物を持ち上げようとした
重いものを持ち上げようとすると腰に大きな負担が掛かります。

持ち上げる動作では、手を介して物体の重量と足を介しての立ち上がる力が腰で交差します。
この交差する際に生じる力をトルクと呼び、ぎっくり腰が起こる原因となります。
・テレビのリモコンを取ろうとした
重い物を取る時にぎっくり腰になるのは非常にポピュラーな理由です。
しかし、リモコンの様な軽い物でもぎっくり腰を起こします。
そしてそう珍しくない原因です。その理由は、リモコンのような軽い物でも、手を伸ばして取る時は自分の体を支え無いといけません。
すると自分の体重を支えるのにかなりの負担がかかります。体重60kgの人の場合、上半身の体重は42kgです。
手を伸ばしてリモコンを取る場合、その42kgを支えるのが大変です。
この負荷に筋肉が損傷したり、関節に炎症が起きたりすると言われています。

・クシャミをした

意外と多いのがこのクシャミでぎっくり腰になる人です。
これは、上半身と下半身の急激な動きが、関節に瞬間的な回転力を生み、関節や筋肉を痛めてしまうものです。

・椅子から立ち上がろうとした・体をひねった状態や無理な姿勢で長時間立っていた

この2つは長時間同じ姿勢を取った後の動き始めにぎっくり腰になると言うものです。
長時間デスクワークをした後で腰を伸ばしづらかった経験はおありでしょうか?
同じ姿勢を取り続けると体が固まり、関節のスムーズな動きを妨げます。
この時、不意に急な動きをするとぎっくり腰になる場合があります。

このような事で起こります。

それ以外にも考えれる原因としては骨盤の歪み・普段の姿勢の悪さも考えれます。
骨盤状態の悪さから筋肉に持続的な緊張を起こしてしまうと結果として腰痛は起きやすくなります。
そもそもの姿勢をよくすることで腰に対する過剰な筋肉の緊張を防ぎぎっくり腰を予防することはできます。
気になる方は当院まで!!お待ちしております。

明日の予約状況です。

明日は11時からご案内が可能です。

ご予約お待ちしております。

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP