溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

最近は徐々に暖かい日も増えてきましたがまだ寒い日もありますよね。

冬だけでなくしっかり温めてお身体のケアをしていきたいですよね。

そこで今回は身体を温めるにも効果的なお風呂について調べました!!!

お風呂の温度によって異なる入浴効果

調べてみて初めて知りましたが、お風呂の温度によって入浴効果は異なるそうです。

お風呂の温度は、「微温浴」「中温浴」「高温浴」の3種類に分かれること知っていましたか?

 

冬は、40度〜43度くらいの「中温浴」か、もう少し高めの温度が向いているそうです。

発汗効果も高く、夏の紫外線ダメージで荒れたお肌に必要な、新陳代謝も促してくれる効果も!

気温が低くなる冬には、じっくりとつかることによって血行を上げて身体を芯から温めることが必要です。

ですが、長時間の入浴は、身体にも心臓にも負担をかけるので要注意で湯船につかる時間は20分以内がベストなようです!

 

ちなみに、他の2種類は・・・

「微温浴」

37度〜39度程度のお湯で入浴することをいい、イライラやストレスなど、精神の鎮静効果があるそうです。

「高温浴」

42度〜45度程度のお湯で入浴することをいい、熱さが身体に刺激を与えるので、自律神経の「交感神経」が活発になり心拍や血圧が上がります。

さらに、精神や神経が高ぶるので、朝なかなか目が覚めないときや、仕事の前に気合いを入れたいときなどに最適だそうです。

 

こんな風にお風呂の温度を変えることで身体に与える効果が異なるのでその時によって温度を変えて身体をすっきりさせたいですね!

 

明日のご予約状況です

明日は11時半からご案内可能です。

お気軽にお問い合わせください。

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP