溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

膝の痛みの原因で主なものは、太ももやふくらはぎの筋肉の緊張によるバランスの崩れ、スポーツでの膝の酷使(ランナー膝・ジャンパー膝等)、肥満、O脚やX脚の姿勢の問題のほか、変形性膝関節症、靭帯損傷、捻挫、半月板損傷、関節リウマチなどさまざまな要素があります。

スポーツをする人に多い膝の痛み

ランナー膝
ランナー膝とは、ランニングによる膝の使い過ぎによって起こる、慢性膝関節痛に対する総称で、ランナーの方々に起こりやすいということでそう呼ばれます。長距離のランニングが膝関節の周囲にさまざまな痛みをもたらすものです。

ジャンパー膝
ジャンパー膝とは、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプやランニングを繰り返すことによって、膝蓋骨(膝のお皿)を中心とした部分に、痛む・腫れる・音がする・固くなるなどの症状がみられます。

オスグッドシュラッター病
膝の下にある出っ張った骨辺りに痛みがみられます。急激な成長により膝が緊張状態にあるところに、スポーツによって力が繰り返し加わって起こるとする説が有力です。スポーツを活発に行う発育期の男子に多い症状です。

日常生活での動作や不良姿勢で多くみられる膝の痛み

膝前部痛
膝蓋骨周辺の痛みで、レントゲンでも異常はみられないことが多いのですが、しゃがむと痛い、膝全体がだるい、長時間いすに座っていると膝を伸ばしたくな る、階段の昇降時のみ痛い、といった症状がみられます。これらの症状は、ハムストリングス(太もも裏)が緊張してみられる場合が多いです。

膝の内側が痛い
中高年の膝関節痛の原因として最も多いものです。
膝がこわばる感じがする、立ち上がる時に痛い、膝が伸び難い、などといった症状が進行すると、過度の内反膝(O脚)に至ってしまう危険性があり、特に肥満 気味の方や過去に肥満であった方に多くみられます。正常な膝では重心が膝の中心にきますが、肥満体の方や重量物を持ち上げた際には重心が膝の内側に移動す るため、内側の軟骨や半月板に負担がかかるためです。

膝の内側・外側が痛い
下半身の筋肉のバランスが悪く、O脚やX脚であることが多いでしょう。O脚では膝の内側、X脚では膝の外側に負荷がかかりやすく、これらは膝痛になりやすい状態です。脚のバランスが崩れると身体のバランスも崩れ、膝だけでなく腰にも影響が出てきます。

 

明日の予約状況です。

明日は10時からご案内が可能です。

お電話お待ちしております。

 

 

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP