溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

下っ腹が前に出てしまう「ぽっこりお腹」が気になるという方は多いはず。中には、「肥満という訳でもないのに、なぜだかお腹だけがぽっこり出ている……」という方もいるのではないでしょうか。

「ぽっこりお腹」になってしまう原因は、単にお腹周りに脂肪がついているから、という理由だけとは限りません。

ぽっこりお腹の原因

  • 腹筋が衰えている腹筋は「内臓の位置を保つ」という働きを担っています。そのため、腹筋が衰えると、支えを失った内臓の位置が本来よりも下がってしまい、結果的に下腹がぽっこり出てしまうという訳です。また、内臓の位置が下がると、内臓の働きが鈍くなり、腸内にガスが溜まりやすくなったり、代謝が悪くなったりする可能性もあり、結果的に便秘や肥満に繋がるケースもあります。腹筋が衰えてしまう理由としては、単に運動不足ということもありますが、デスクワークやスマホ利用の時間が長く、腹筋が使われない前屈みの姿勢が常態化してしまっていることも理由の1つとして考えられます。
  • 骨盤が歪んでいる骨盤の歪みによって、内臓が下りてきている可能性があります。腹筋の衰えと同様に、骨盤の歪みも内臓下垂を招く要因の1つになります。骨盤が歪んでしまう原因は様々で一概には言えませんが、「足を組む」「左右のどちらかの肩にばかりバッグをかける」などの生活習慣が原因にあることもあります。
  • 便秘になっている「便秘」や「腸内にガスが溜まっている」ことが原因で、お腹がぽっこりと出てしまうことがあります。便秘やガス溜まりになってしまう背景には様々な要因がありますが、主な原因として挙げられるのは「腹筋の衰えによる腸のぜん動運動の鈍化」や「腸内環境の乱れ」など。運動不足気味の方は腹筋を鍛える筋力トレーニングに取り組み、「野菜をあまり食べない」「脂っこいものを食べることが多い」などの方は食生活の改善に取り組みましょう。
  • 皮下脂肪・内臓脂肪がついているお腹周りに体脂肪が付くことで、ぽっこりお腹になってしまうパターンです。お腹周りはもともと脂肪がつきやすい傾向にありますが、体脂肪は主に「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2つに大別され、一般的に女性の場合は皮下脂肪が、男性の場合は内臓脂肪が付きやすいと言われています。
  • 姿勢が悪い猫背の人はお腹の筋肉をうまく使えず、お腹に脂肪が溜まってしまいます。そのため猫背で姿勢が悪い人は、ぽっこりお腹になりやすい傾向があります。姿勢が悪い人は、本来体を支えるために使うべき筋肉を使えていません。そのため、筋肉ではなく骨で体を支えており、それが体の歪みにつながり、代謝が落ちています。代謝が落ちると、その分お腹に脂肪もつきやすくなるため、姿勢は早めに改善し、ぽっこりお腹の原因を解消しましょう。

まずは、生活習慣を見直して、猫背にならないように心がけましょう!!

明日の予約状況

明日は10時からご案内が可能です。ご予約お待ちしております。#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

 

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP