溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万人以上が悩んでいるといわれます。

これほど身近ということもあって、「頭痛くらい」と軽く考えられがちです。

ではよく耳にする片頭痛(へんずつう)緊張型頭痛の違いと対処法をご紹介します。

片頭痛とは

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して発症します。

心身のストレスから解放されたときに血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激などが原因とされる場合もありっます。

片頭痛が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。
頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。

緊張性頭痛とは

頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまりその周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる緊張型頭痛もあり、また片頭痛を併せ持つ人もいます。

緊張型頭痛午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいのが特徴です。後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。

片頭痛の対処法

冷やすのは○、温めるのは×

冷たいタオルなどを痛む部位に当てると、血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。一方、入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増すことになり逆効果になります。

静かな暗い場所で休む

頭痛の最中に体を動かすと痛みが増し、光や騒音でも痛みはさらに増してしまいます。できるだけ、静かな暗い場所でゆっくりしましょう。

カフェインを上手に摂取

コーヒー、紅茶、日本茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり、痛みの早期に飲むと痛みが軽減。ただ、連日の過剰摂取は逆に頭痛を誘発するので注意してください。

緊張型頭痛の対処法

温めて、こりをほぐす

マッサージ、蒸しタオル、半身浴などで温めて、首、肩の筋肉のこりを取り、血行をよくしましょう。ストレッチをこまめに行い、首や肩の筋肉の緊張をほぐしましょう。

気分転換をする

頭痛が始まったら心身にストレスを加えていることを中止し、例えばその場所から離れるなどして早めに気分転換をしましょう。

 

頭痛と一言で言ってもその原因は様々で、それよって予防法や対処法が大きく異なるため、一歩間違えればかえって痛みが悪化するなど、逆効果にもなりかねません。

緊張性頭痛でしたら整体での改善も見込まれますので、是非一度ご相談下さい。

明日の予約状況

明日は11時30分からご案内が可能です。

ご予約お待ちしております。

 

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

 

 

 

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP