溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

健康を気にする上で、脳梗塞や心筋梗塞による”突然死“の恐れがある高血圧はケアしておきたいもの。

しかも血圧は1日のうちに上下するので、「健康診断では正常値」だった人も油断できません。

そこで今回は、日常に潜む血圧上昇のリスクと対処法を紹介します。

朝は危険がいっぱい

朝の時間帯で最も血圧急上昇のリスクが高いシーンは、通勤時の満員電車です。

人でぎゅうぎゅう詰めの車内にいると精神的なストレスがたまり、最大で血圧が44も上がってしまう可能性が。

ほかにもベッドから飛び起きたり水で顔を洗うだけで血圧上昇の危険があり、

結果的に脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高まります。

血圧の上がりにくい体にしよう

血圧には、お酒が悪影響を与えるイメージがありますよね。

しかし缶ビールなら2本日本酒は1合までなら大きな問題にはならないのだそう。

飲み会や晩酌は楽しいものですが、飲みすぎに注意して高血圧のリスクを回避しましょう。

さらに、「お風呂」に入るときも血圧急上昇のピンチ。

お風呂の外と中の寒暖差が原因なので、入浴前は浴室をシャワーで暖めておくのがおススメです。

その他にもふくらはぎのマッサージなどが効果的です。

やり方としては座った状態でふくらはぎをつかみ、足首のほうからひざの裏まで揉むだけでOKです。

実は「第2の心臓」と呼ばれるほど重要なふくらはぎ。

1日10往復を目安に揉みこむことでの血流が良くなり、血圧が上がりにくい体をゲットできますよ。

しかし、姿勢が悪いと体全体の血液循環が悪くなってしまいますので、

血圧でお悩みの方、また予防をしたい方、当院で骨格から改善してみませんか?

明日の予約状況です。

明日は10時からご案内が可能です。

お電話お待ちしております。

 

 

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP