溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

太ももうらからお尻にかけてが太くなって、細身のパンツスタイルが出来ない。

そんな、太もも裏の筋肉太りの解決するには、

1・立ち姿勢を美姿勢に

2・歩き方は股関節を使う

の2つが大きなポイントです。

立ち姿勢は美姿勢に

太もも裏の筋肉太りは、姿勢と崩れと大きく関係しています。

立った姿勢が、骨盤が後ろに寝そべっている状態ですと、太もも裏の筋肉は

縮こまります。

腕の筋肉で例えると、肘を曲げると力こぶができますよね。

骨盤が後ろに寝そべっている状態では、太もも裏の筋肉が力こぶを作って

いる状態になっています。

これに加え、膝が曲がってしまっている状態ですと、さらに太もも裏の筋肉

っを使っていることになります。

そこに自分の体重を支えているので、太もも裏の筋肉は張ります。

ですので、美姿勢が大事になります!

歩き方は股関節を使う

骨盤が後ろに寝そべっている状態ですと、歩く時に、脚を前に運ぶ時は太もも前の

筋肉を余計に使います。

そして、前へ移動するために地面を蹴る動作の時に、お尻の筋肉が使えずに、太もも

裏の筋肉に頼ってしまいます。

お尻も下がり締まりも無くなってしまいます。

この2つのことが同時に起こると余計に太もも裏が太く見えてしまいます。

美姿勢について気になっていらしゃる方は、ご相談下さい!!

明日の予約状況です。

明日は、満員御礼です。

細かいお時間でお取りすることが出来きますので

お電話にて連絡ください。

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP