溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

腰椎性坐骨神経痛

『腰椎椎間板ヘルニア』や『腰部脊柱管狭窄症』による坐骨神経痛がこれにあたります。
坐骨神経は脊柱の中を通り、腰椎と腰椎の間から出て、臀部や太ももの裏を通って末梢へ続いていきます。そのうち、脊柱の中や腰椎の間から出てくるあたりで坐骨神経が圧迫されてしまい、末梢に痛みやしびれがでているのが『腰椎性坐骨神経痛』です。

このような場合は、腰の疾患に対する治療が根本的な治療となります。
手術によってヘルニアや脊柱管狭窄症を改善する手術療法、または腰の牽引治療で神経の圧迫を取り除くようにしたり、ストレッチや腹筋および背筋を強化することで腰の圧迫を軽減させようとする運動療法を行うなどの保存療法があります。

梨状筋性坐骨神経痛

腰椎の間からでてきた坐骨神経はお尻の深いところにある梨状筋の深層を通って太ももの裏に向かいます。尻もちをついてお尻を強く打撲してしまった、立ち仕事が続いた、ストレッチ不足や運動不足により血流が悪くなってしまったなど、梨状筋が異常に硬くなってしまうと梨状筋が麻痺して緊張してしまうため坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛を発症してしまいます。
この場合、梨状筋をマッサージしたり、血流がよくなるように適度な運動を行うといった治療によって改善してくることになります。坐骨神経痛は梨状筋性のものが最も多く、原因もはっきりとしているため、治療がしやすいものになります。

症候性坐骨神経痛

坐骨神経の圧迫がどこにもみられず、原因がはっきりしないものを言います。根本的な治療が難しいため、痛みやしびれのある部位をストレッチ、マッサージしたり温めるなど対症療法しか対応ができません。また、糖尿病や動脈硬化、腫瘍やうつ病などでも坐骨神経痛の症状がでることがありますので、内科的な疾患にも注意が必要です。

予防・改善には

「坐骨神経痛」は、生活習慣を見直すことで予防・改善につながります。
日々の生活では、次のようなことを心がけましょう。

@正しい姿勢を保つ

@冷えを防ぐ

@肥満に注意

@ストレッチを行う

あまり無理をせず、自分に合ったペースで続けましょう!

明日の予約状況

明日は10時からご案内が可能です。

ご予約お待ちしております。

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP