溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

どんなにダイエットしても、運動をしてもなかなか痩せない下半身。

「胸の脂肪はすぐ落ちるのに、脚やお尻はたくましくなるばかり…」 そんなお悩みを抱えている方は多くいると思います。

・デニムのサイズをウエストで合わせると、腿やお尻でつかえる

・運動すればするほど脚だけ太くなっていく

・脚痩せストレッチはまるで効果がない

・体重は落ちているのにシルエットは変わらない

心当たりありませんか? 実は、下半身太りには「3つのタイプ」があり、それを知らずにいるといくらダイエットをしてもまるで効果は出ません。 これから数日にかけてその「3つのタイプ」をご紹介していきます。

初日の今日は、なぜ下半身太りが起こるのか。原因を考えていきましょう。

下半身太りの原因は自分自身で作っていた!!

「脂肪がたまりやすいのは遺伝だから…」そうやって諦めてはいませんか? 確かに太りやすい遺伝子はあるようです。

しかし、それ以上に重要なのは日々の生活の中で太りやすい原因を作っていないか?ということ。 何気なく過ごしている毎日で、下半身太りは作り出されいているんです。

1.セルライトを増やす生活をしている

80%の女性にあるといわれているセルライト。セルライトとは、脂肪の周りに老廃物やコラーゲン繊維が絡まって、硬く肥大してしまったもの。通常の脂肪よりも落ちにくく、一度できると年々悪化してしまいます。そんな美脚の天敵セルライトは主に「むくみ」がきっかけでできていると言われています。

1-1.しょっぱいものや脂っこいものが好き

塩分のとりすぎはむくみの原因になります。塩分の多い食生活を続けていると、身体はバランスを保つために水分をため込んでいきます。ため込まれた水分はやがてむくみとなり脂肪に絡みついていくんです。

1-2.お酒をたくさん飲む習慣がある

お酒の飲みすぎた次の日、顔や脚がぱんぱんにむくんだ経験はありませんか? 実はこれ、アルコールによって血管から水分がにじみ出ているのが原因なんです。さらにアルコールには脂肪を代謝させるといわれるミトコンドリアを破壊する働きもあるんです!! お酒はほどほどに…とはそういうことだったのかも!?

1-3.下半身の冷えを放っておいている

女性に多い下半身の冷えも、セルライトを作る大きな原因です。身体は冷えると血行が悪くなり、上手に老廃物や水分を排出できなくなります。排出されずに溜まった老廃物はむくみとなり、やがて脂肪とくっついて頑固なセルライトに。さらに増えすぎたセルライトは血管を圧迫して血行不を招きます!! まずは下半身を温めることから始めましょう!!

2.下半身や骨盤の歪みがある

骨盤は上半身と下半身のちょうど境目。脚や背中の骨と繋がって、全身のバランスを保っています。「脚を組むことが多い人」「姿勢が悪い人」「片足重心をかける癖がある人」は骨盤が歪んでいる可能性大!!

2-1.下半身の血行不良

骨盤が正しい位置にないと変なところに圧力がかかって、筋肉が慢性的な筋肉状態になります。すると骨盤周辺の血行が悪くなり、下半身の代謝を下げてしまうんです。代謝が下がったままにしておくと、脂肪は付きやすいのに筋肉は付かない…と残念な体になってしまいます。腰痛や肩こりが起こりやすい人は、骨盤の歪みを疑ってください!

2-2.お尻だけ大きい、太ももの付け根が張り出している

骨盤の歪みも人それぞれ。

お尻だけ大きい人は「骨盤が開いている」証拠。座りっぱなしが多い人やハイヒールが好きな人、産後の女性に多いです。

太ももの付け根が横に張り出しているのは「大転子が出っ張っている」ことが原因。 大転子とは骨盤と太ももの骨が繋がっている部分で、これが外側に傾くと太ももはドーンと存在感を増します。靴の底が外側ばかり削れる人は要注意!

3.水分不足で老廃物が溜まっている

水を飲みすぎるとむくむと思っている方はいませんか?実は、内臓の機能がしっかり働いていれば水でむくむことはないそうです。むしろ、水分不足の方が「むくみ」や下半身太りの影響が大きいんです!

3-1.血行が悪くなって老廃物が下半身に溜まる

水分が不足すると血液がどろどろになって流れが滞り、老廃物が正しく排出されません。特に重力の影響を受ける下半身は、老廃物の溜まり場になってしまいます。人はなにもしなくても0.9ℓの水を排出しているそう!せめて出た分は補給しないと、血の巡りは悪くなりますよ~

3-2.リンパが溜まってむくみがおこる

リンパ液には、静脈では取り切れなかった老廃物を回収する役割があります。しかしこれも血液と同じように、水分不足で詰まったり、流れが悪くなってしまうんです。いくらリンパマッサージをしても水を飲まないと、体外に排出されません。お茶でもなくジュースでもなく 水 なんです!!

4.下半身の筋肉が衰えている

「筋肉をつけると太くならない?」って思いますよね?でも適度な筋肉のない脚は、形が悪くなったり、むくみやすかったり…いいいことなしなんです。

4-1.血行やリンパの流れが悪くなる

下半身の血液やリンパを流しているのは「ふくらはぎの筋肉」なんです。動くことで収縮を繰り返し、血液や老廃物を押し上げています。下半身には重要なリンパや太い血管がたくさんあります。適度に足の筋肉をつけて、重力に負けない流れをキープすることが脚痩せの第一歩!

4-2.股関節の歪みで脚の形が悪くなる

美脚を作るためにもうひとつ大切なのが「内転筋」。これは内もも全体にある、とても大きな筋肉のこと。 内転筋が衰えると、外側の筋肉に引っ張られて股関節がゆがむ原因に。…するとO脚やガニ股を引き起こし、脚の形そのものが変わってしまうんです。 さらに内転筋は太ももの血液やリンパの流れを助ける役割もしているので、鍛えておかないとむくみやセルライトまで増やしていきます。あしが開いてしまう人。要注意!!

 

脚が太くなる大きな原因「セルライト」「骨盤の歪み」「水分不足」「筋肉の衰え」の4つ!

まずはいまの自分の状態を調べてみませんか?

当院では様々なご要望に対応していきます。

一度カウンセリングを受けてみてください!

次回は下半身太りにはどんなタイプがあるのか、お話していきます。

 

明日のご予約状況

明日12日(土)はたくさんのご予約をいただいております。

ご予約の際は一度お電話で確認をお願い致します。

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP