溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

気がついたら歯を噛み締めてている「食いしばり」。単なる噛み締めの癖だと思われるかもしれませんが侮ってはいけません。食いしばりは様々な身体的不調をきたす悪癖として知られているのです。ここでは食いしばりが生じる原因やその影響について紹介しましょう。

原因はストレス!?

よく勉強しているときや仕事に励んでいるときなどに食いしばりが起こるといいますが、それは精神的な緊張、ストレスに起因しているからです。精神的な緊張は交感神経を優位にさせ、口周囲の筋肉が硬くなり食いしばりを誘発させます。そして精神的なストレスを緩和、発散させるために食いしばりに及ぶこともあります。仕事や勉強のとき食いしばりが起こっている人は、集中するために神経を緊張させ、それに伴うストレスに耐えている状態であるわけです。つまり身体のストレス状態が食いしばりという悪癖に繋がっているわけですね。

食いしばりと肩こり?!

本来歯は上下が直接接触しないようにできていて、接触しがちな食事の咀嚼時を含めても、1日に上下の歯が接触する時間は10分~20分程度といわれています。しかし食いしばりをする人は数時間も上下の歯が接触、それも60kgもの力で歯を噛みしていることが多いようです。こうなると本来直接上下が接触するようにできていない周辺組織には様々な悪影響が生じてきます。具体的には歯がぐらぐらする、歯に亀裂が生じる、歯が欠損する、歯肉炎や歯槽膿漏といった歯周病にかかる、知覚過敏になる、顎関節症にかかる、側頭筋の緊張による頭痛が発生する、首や肩のこりが発生する、といったものです。

防ぐには?

こういった悪影響を伴う食いしばりはできるだけ抑えたいもの。比較的症状が軽い方であれば、神経の緊張やストレスを伴うシーンに歯を食いしばらないよう意識したり、ガムをかむようにしたりすることで防ぐことも可能のようです。症状が強い場合は、歯の噛み締めの際の負担を分散させるマウスピースを歯科医院でつくってもらう方法があります。ちなみにマウスピースは保険適用で数千円程度でつくってもらえますよ。他にも歯の噛み締めを抑えるため、筋肉の緊張を抑える注射をうつ、といった治療法もあります。食いしばりに伴う悪影響は適切な治療を施せば改善できます。食いしばりがどうにも収まらないという方は一度歯科医院に相談してみたほうがいいかもしれません。

明日の予約状況

明日は11時30分からご案内可能です。

ご予約お待ちしております!

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP