溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

気象庁の発表では、今年の夏は全国的に暖かい空気に覆われるため、

平年並か高い気温が見込まれており、とくに東日本以西では厳しい暑さになりそうです。

そしてこの時期、熱中症とともに血圧のコントロールにも気をつけましょう。

血圧のトラブルは冬に多いというイメージがありますが、実は夏も血圧がらみのトラブルが多発する季節です。

高血圧の人は普段から塩分を控える傾向が習慣化しているため、

多量の汗をかくと血管内の水分と塩分が不足しがちになり、熱中症のリスクが高まります。

さらに体内の熱が放散されることで血管が拡張し、高血圧の人でも血圧が下がり過ぎてしまう危険もあります。

だから、たとえ高血圧でも適度な水分と塩分の補給は心掛けるようにしましょう。

では、熱中症対策と血圧コントロールをうまく両立させるには、どうすればいいのか。

例えば、高血圧患者の間で近ごろ話題になっている一つにローヤルゼリーがあります。

ローヤルゼリーは働き蜂が花粉を材料として体内で合成し分泌した乳白色のクリーム状の物質で、

蜂蜜の加工品のように誤解されることもありますが、蜂蜜とは全く別物です。

そして、その成分はタンパク質・アミノ酸、炭水化物、ビタミン類、ミネラル類など

40種類以上の栄養素を豊富に含んでいることがわかっています。

ローヤルゼリーの高い栄養価や美容効果などは広く知られていますが、血圧コントロールまで期待できます。

ローヤルゼリーの他にも、健康食品の定番である「」に含まれる酢酸にも

血圧の上昇を抑制する働きがあるといわれています。

一日大さじ1杯~2杯の酢を摂取することで、早ければ数日後に血圧が下がり始めたという報告もあるほどです。

それぞれ個人差はあるし、薬のように即効性はないかもしれませんが、普段から継続的に利用することで、

効果的な予防や対策として期待できます。

暑くなると食欲もなくなり、栄養も不足しがちになります。

栄養価の高い食品を意識して摂るようにして、夏バテや熱中症を予防して夏を元気に乗り切りましょう!

明日の予約状況です。

明日は12時15分からご案内が可能です。

ご予約お待ちしております。

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

 

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP