溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

夏も終わり、だんだんと寒さも増してきました。

こんな季節に飲みたくなるのが日本酒!!

「おじさんが飲むもの」というイメージの強かった日本酒ですが、

最近は若い方が日本酒を飲むことも増え、特に女性の皆さんが増えました。

ということ今回は、女性の皆さん必見!!

日本酒が持つ様々な効果をご紹介したいと思います。

美白・美肌効果

まず挙げられるのは美白・美肌効果

飲むだけでなく、肌につけることでも美白効果が期待できるため、

最近では日本酒成分入りの化粧品や日本酒石鹸なども発売されています。

「相撲取りの肌が綺麗なのは、普段から日本酒を飲んでるから」とも言われているんです。

この効果の理由は、

日本酒にコラーゲンの素となるαエチルグルコシドという成分が含まれているからだと言われています。

αエチルグルコシドは、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を抑える力があるのです。

さらに日本酒の原料である米麹には「コウジ酸」という成分が含まれており、

こちらもメラニンの生成を抑制して、肌のトラブルを解消する効果が期待されています。

保温・保湿効果

日本酒には「美肌・美白」効果だけでなく、肌の保湿、保温を促す効果もあります。

これは日本酒の旨味成分であるαGG(α-グルコシルグリセロール)が、

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させるため。

肌の保湿を維持する働きをしているんです。

さらに日本酒に多く含まれているアミノ酸は肌の角質層の構成要素となっています。

この成分によって肌の潤いを閉じ込め、もっちりプルプルな肌質を保ってくれるのです。

血液促進効果

日本酒には体温上昇効果があります。

日本酒は飲んだ後の体温の上昇が、他のお酒より2〜3度ほど高いという特徴に加え、体温を保つ効果もあります。

体温の上昇によって血行が良くなり、血行促進による新陳代謝により体内の老廃物が浄化されるのです。

さらに血液循環が良好になると、皮膚表面の血液循環も良くなり、お肌の隅々まで栄養素が届くようになります。

これは美肌にもつながりますね。

また、血流が良くなることで冷え性の予防にもなります。

お燗にすることで、さらに血液促進効果が期待でき、むくみの改善にも繋がります。

女性の敵である「冷え」と「むくみ」の両方を開栓してくれるなんて夢のようです。

栄養効果

人の体に必要不可欠な栄養要素「アミノ酸」。

先ほどもご紹介しましたが、日本酒はこのアミノ酸が特に多く含まれていることが特徴です。

アミノ酸は、肌の角質層の構成要素であるだけでなく、胃を丈夫にして、食欲を増進させる効果もあります。

食中酒として日本酒を飲むことで、胃壁が厚くなり丈夫になるのです。

もちろん食べすぎ、飲みすぎは厳禁ですよ!!

いかがだったでしょうか。

お肌が気になる女性にも、体が気になる方にも効果的な日本酒。

おいしく飲んで健康になれるなんて魅力的ですよね!!

ただし過度の飲酒は厳禁!

日本酒は適量飲酒が体にもよく、最大限の効果を発揮します。

季節の変わり目。
体調に注意して、おいしく楽しく日本酒ライフを満喫しましょう!

明日の予約状況です

明日は11時30分からご案内可能です。

ご予約お待ちしております!

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP