溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

秋の太りやすい季節の注意

この季節はよく「秋太り」しやすいと言われています。
もちろん、個人差や環境の違いもあるため一概には言えません。
が、そう言われるのには次のような理由が…。

【秋に食欲が増すワケ】
・日が短くなる→セロトニンの分泌量が減る→食事で分泌を促すため食欲が増す
・気温が下がる→暖房器具を使う→身体の体温調節機能が鈍くなる→基礎代謝が上がらない
・夏バテが解消→食欲が増す→代謝が低いまま食事によるカロリー摂取が増える

「幸せホルモン」の別称で知られる、脳内の神経伝達物質「セロトニン」。
精神の安定化だけでなく、なんと食欲の調整にも深い関わりがあるそうです。
このセロトニン、実は日照時間で分泌量が変わってくるのだとか。
秋は、少なくなったセロトニンの分泌量を増やそうとして、食欲旺盛のスイッチが入ると言われています。
ダイエットしたいのにたくさん食べてしまうのは、このためです。

外気温が下がると、体温を維持するために身体の熱生産が促進されます。
「涼しくなると基礎代謝が上がる」と言われているのはそのため。
ところが、暖房など空調設備の整った環境下では、そのメカニズムが上手く機能しにくいのだそう。
夏バテが回復し、自然と食欲が増してくる秋。
だけど基礎代謝は夏のときの低空飛行のまま。
その結果、上手くカロリーを消費できず「秋太り」の原因につながりやすいのだとか。

旬のものが増え、食事が楽しい季節。
食事制限をしてガマンするだけのダイエットでは、精神的にも良くありません。
今回は、食事によって代謝を上げるためのポイントをご紹介します。

【食事で代謝を上げる3つのポイント】
(1)温かい汁物・飲み物を飲む!
(2)根菜類を食べる!
(3)鉄分を摂る!

「冷え」は、女性の大敵。
代謝を悪くし、痩せにくい体質をつくってしまいます。
味噌汁やミネストローネ、ホットドリンクなどを積極的に飲むように心がけましょう。
特に、味噌汁は発酵食品。
大豆に含まれるイソフラボンの抗酸化作用は、美BODYをつくるための大きな味方になってくれます。

また、ニンジンやレンコン、ゴボウなどの根菜類は、身体を内側から温めてくれます。
根菜類は旬の食材。素材になるべく手を加えず、シンプルに美味しく食べるのがより効果的です。
なお、鉄分の不足は、筋肉に酸素が行き渡らなくなり代謝の低下を引き起こします。
ほうれん草やレバーなど鉄分を含んだ食品も、合わせて摂っていきましょう。
忙しい方はサプリメントで補給するのもオススメ。

【過度の食事制限はNG】
過度の食事制限によるダイエットは、あまりオススメできません。
身体が省エネモードに切り替わり、代謝を下げてしまうからです。
また、脂肪と一緒に筋肉まで落ちてしまうため、結果として痩せにくい体質になるのだとか。
適度な運動や睡眠をしっかりとるなど、生活習慣の見直しも大切なんです。

いかがでしたか?
今秋は代謝を上げる効果的なポイントを押さえ、楽して美BODYを目指しましょう!

本日の予約状況

本日は10時からご案内可能です。

ご予約お待ちしております!

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP