溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

水分補給を忘れずに!と夏場はよく耳にしますよね。熱中症予防にも夏場は気をつけがちですが、危険なのはこれからです!

みなさんもご存じかとは思いますが、ご紹介します!

体水分

成人の場合、個人差はありますが水分が体重の50%~70%を占めています。この水分量は年齢を重ねるごとに減少し、新生児では70~80%だったものが高齢者では50%程度まで減少します。水分は体内で様々な役割をしていて、体温調整や筋肉を動かす働きをしたりするほか、血液として栄養素を全身に運んだり、汗や尿として老廃物を体外に出すなど重要な役割を担っています。

成人の場合、1日2~2.5Lの水分を失っており、運動をするとこの量はさらに増え、失った水分を摂取しなければ生きていけません。しかし栄養バランスには気を付けていても、水分摂取はあまり気にしていないという方は多いと思います

水分補給の重要性

ダイエットや健康づくりのために運動している方は、運動するとき意識的に水分を摂取していますか? 運動時には体温が上昇し、日常生活よりも多くの汗をたくさん消費します。特に夏場は気温が上昇するため、より多くの水分が失われます。また冬は、夏と比較して乾燥しているため汗が蒸発しやすいので、自分では汗をかいているという自覚がすくなくなりがちです。夏以外のシーズンでも水分摂取を意識しなければなりません。 運動前後の体重減少量は2%以上になると、持久力や判断力が低下し、熱中症になる恐れもあるので要注意です。

適度な水分摂取

水分摂取量のポイントはいくつかあります。

こまめに:一度にたくさんの水分を摂取することはできません。こまめに少量の水分を摂取するようにしましょう。

意識的に:「のどが渇いた」というタイミングでの水分摂取は体水分量が不足する可能性が高くなります。特に運動時には水分摂取を行うようにしましょう。

運動前後:激しい運動をする前、後や翌日は体水分量が減少します。特にこまめに取りましょう。

⇒運動時の水分補給のコツ:からだの外に出ていく汗等には水分だけでなくミネラルも含まれていますので、ある程度塩分(ナトリウム)が含まれてるもの、また1時間以上の運動の場合には疲労予防のために糖質を含んだものが効果的です。 具体的には・・・ ナトリウムが40~80mg/100ml入っているもの , 糖質が4~8%含まれているもの

市販のスポーツドリンクのほとんどがこれに当てはまりますので活用しましょう。

 

私はいつもタンブラーを持ちあるいて水分補給をしています。 お茶を飲むこともありますが、基本はすこし冷えたお水です。

水だけで飲むのが苦手な方は、オレンジなどを入れてみたらいかがですか? さわやかに飲むことができると思います。

まだまだ暑い日が続きますが、水分補給を忘れないでくださいね。

 

明日の予約状況です。

明日は10時よりご案内可能です。

ご予約お待ちしております。

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP