溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

夏になると、スーパーマーケットの店頭に「土用の丑の日」のキャッチコピーと共にウナギが並びます。

でも、そもそも土用の丑の日とは何の日でしょうか。
なぜウナギを勧められるのでしょうか?

土用の丑の日とは?

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。
そして、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。

つまり”土用の丑の日”とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。

土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが、年に何回かやってきます。
立夏・立秋・立冬・立春それぞれに土用があるので、納得ですね。

いずれにしても、土用の丑の日は「季節の変わり目」といえます。

【2018年の土用の丑の日】
1月21日、2月2日、4月27日、7月20日、8月1日、10月24日、11月5日

何故ウナギ?

夏痩せにはむなぎ(ウナギ)を食べると良いと石麻呂という人に勧めている歌があります。

石麻呂に吾れもの申す夏痩せに
よしといふものぞむなぎとり召せ

大伴家持

昔から体調を崩しやすい夏にはウナギを食べて栄養をたっぷり摂ろうという考えがあったのですね。

ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。
一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか…

こんな食材でも〇

ウナギ以外には「う」のつく食べものがよいといわれます。
「丑(うし)の日」の「う」ですね。
例えば、うどん・ウリ・梅干し・ウサギ・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。

いずれも栄養価が高い、または食欲がなくても食べやすい食材ばかり。
平安時代から室町時代には「めぐり」という水団(すいとん)や小豆、ニンニクを食べていたと伝わっています。
「食べて元気をつけよう」というのは、共通のようです。

暑い夏はまだまだ続きます!

栄養つけて乗り切りましょう!!

明日の予約状況

明日は11時30分からご案内が可能です。

ご予約お待ちしております。

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

 

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP