溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

おでんは、冬の寒い時期になると食べたくなる鍋料理の一つですよね。

美味しいからといって食べ過ぎてしまうこともあるかもしれませんが、脂肪を蓄えやすい冬の時期なので、おでんのカロリーや栄養が気になりますよね。

ちくわ・はんぺん・さつま揚げ・つみれ等

これらの主な原料は魚肉ですが、魚肉には肉に劣らないほどの消化がしやすい良質なたんぱく質が含まれています。

人間のカラダの中で、皮膚や筋肉などは主にたんぱく質で構成されていますが、現代では自ら意識してたんぱく質を摂らないと、不足しやすいですよね。

また、ダイエットをする際には、たんぱく質の摂取が不可欠だと言われています。

たんぱく質が不足すると、筋肉量や基礎代謝が低下し、脂肪の分解にも支障が出るので、ダイエットの妨げになります。

大根・こんにゃく・昆布巻き等

これらの食材には食物繊維が多く含まれています。食物繊維は体内に入ると水分を吸収して膨らみ胃で消化されない性質を持ち、消化器官へと進んでそのまま排泄されます。

また、食物繊維には食べ過ぎ防止や腸内にたまっている便も一緒に排泄してくれますので、便秘の解消にも役立ちます。

がんもどき、厚揚げ、焼豆腐等

これらのおでん具材は豆腐から出来ており、豆腐の原料である大豆は畑の肉と言われているほど良質なたんぱく質を多く含んでいます。

また、ビタミンミネラルなどの栄養素と、イソフラボン大豆サポニンなどの成分も含まれています。

特に、大豆に含まれるイソフラボンは女性のホルモンバランスを調整し、皮膚の代謝を促進してハリのある美しい肌に再生してくれます。

そして、大豆サポニンはコレステロールの吸収を抑制する作用もあるので、ダイエットに最適です。

 おでん具材のカロリー(50gあたり) 

  • こんにゃく: 4kcal
  • 大根 : 9kcal
  • 昆布巻き : 47kcal
  • はんぺん : 47kcal
  • つみれ : 57kcal
  • ちくわ : 61kcal
  • さつま揚げ: 70kcal
  • 厚揚げ : 75kcal
  • ゆで卵 : 76kcal
  • がんもどき:114kcal

このように、練り物の具材になると多少カロリーが高めの傾向ですので、食べ過ぎには気を付けたいですね。

おでんは練り物や油で揚げている具材が多く、野菜といえば大根くらいしか入っていないので、必然的に野菜の摂取が不足してしまいます。

そのため、ビタミンなどの栄養素が不足しやすいので、おでんを食べる際は野菜も一緒にとるように心がけたいですね。

明日の予約状況

明日は10時45分からご予約可能です。

お電話お待ちしております。

#南武線 #武蔵新城(むさししんじょう)#武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)#津田山(つだやま)#久地(くじ)#宿河原(しゅくがわら)#登戸(のぼりと)#中野島(なかのしま)#稲田堤(いなだづつみ)#矢野口(やのくち)#稲城長沼(いなぎながぬま)#南多摩(みなみたま)#府中本町(ふちゅうほんまち)#東急田園都市線 #渋谷(しぶや)#池尻大橋(いけじりおおはし)#三軒茶屋(さんげんぢゃや)#駒沢大学(こまざわだいがく)#桜新町(さくらしんまち)#用賀(ようが)#二子玉川(ふたごたまがわ)#二子新地(ふたごしんち)#高津(たかつ)#溝の口(みぞのくち)#梶が谷(かじがや)#宮崎台(みやざきだい)#宮前平(みやまえだいら)#鷺沼(さぎぬま)#東急大井町線#大井町(おおいまち)#下神明(しもしんめい)#戸越公園(とごしこうえん)#中延(なかのぶ)#荏原町(えばらまち)#旗の台(はたのだい)#北千束(きたせんぞく)#大岡山(おおおかやま)#緑が丘(みどりがおか)#自由が丘(じゆうがおか)#九品仏(くほんぶつ)#尾山台(おやまだい)#等々力 (とどろき)#上野毛(かみのげ)#二子玉川(ふたこたまがわ)#二子新地(ふたこしんち)

 

溝の口で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP